美肌スキンケアラボ

美肌になるためのスキンケア情報ブログ コスメコンシェルジュでスキンケアアドバイザーの管理人がが30代40代女性に向けて正しい美肌スキンケア情報を発信しています。

スペシャルケア

シミは自力で消す!美白スキンケア化粧品おすすめランキング

更新日:

20代のころはなかったはずのシミが30代になって表れ、どんどん濃くなっていく…

10年後にはシミだらけになっちゃったらどうしよう!

鏡を見るたびにため息をつきたくなる気持ち、よく分かります。

お顔の印象を大きく変えてしまうシミには是非とも消えて欲しいですよね!

結論から言うと、スキンケア次第でシミを薄くすることは可能です!

私自身、コンシーラーが手放せなかったシミが、美白ケアを頑張った結果、コンシーラーが要らないくらい薄くなりました!

この記事では、私がこれまで使った美白化粧品の中から、おすすめの美白スキンケア化粧品をランキングでご紹介しています。

美白化粧品選びでは、

  1. 配合されている美白成分がシミにどう働くか
  2. 自分のシミの原因と配合成分が合っているか

この2つがとっても大切です。

特に、2番目が重要で、原因と成分が合ってないままダラダラと使い続けても効果を感じられない場合があるからです。

3か月使って効果を感じない場合は、シミが出来ている原因と成分の働く場所がズレているので、アイテムの切り替えをおすすめします。

自分にぴったりの美白スキンケアを選ぶためには、美白有効成分がどんな働きをするのかを知ることも大切です。

シミができるメカニズムや美白成分についても細かくまとめました。


美白スキンケアおすすめランキング

全部自分で使ってみてみたもののなかから、おすすめ順に美白化粧品をまとめました。

美白化粧品選びの参考にしてみてください。

ランキングNo.1 ロスミンリペアクリーム&ロスミンローヤル(ainz&tulpe)

ロスミンリペアクリーム

美白有効成分 ロスミンリペアクリーム:アルブチン・トラネキサム酸
ロスミンローヤル:Lシステイン
シミへの働き メラニン生成抑制・肌荒れ防止(小じわ防止効果も!)
トライアル なし/約30日分(WEB限定)
公式ページ ainz&tulpe

ドラッグストアでお馴染みのainz&tulpeから発売されている「ロスミンリペアクリーム」

アルブチンとトラネキサム酸2つの美白有効成分配合で、気になるシミにアプローチしてくれるクリームです。

程よくコクがある濃密なクリームで、いつものスキンケアの後に気になるシミの部分に重ねるだけ。

この商品の素晴らしいところは、シミと小じわ2つのケアが同時にできるところ!

ロスミンリペアクリームで外側からのケア、ロスミンローヤルで内側からもアプローチします。

ロスミンリペアクリームホワイト

ロスミンローヤルは、シミと乾燥小じわに効く日本で唯一の医薬品。

Lシステインなどの美白成分のほか、22種類の生薬配合で冷えや肩こりなど女性特有のお悩みも改善してくれます。

トライアルセットはありませんが、初回の定期購入で1万円以上お得になります。

定期購入はいつでもお休み・解約可能でリスクがありませんので、単品で買うよりおすすめです。

こんな人におすすめ!

  • 医薬品のパワーで効果を短期間で感じたい
  • シミもシワも気になる!
  • 肌の潤いなど総合的な肌力を上げたい
▶お得な購入方法をチェックhttps://ainz-tulpe.com/

ランキングNo2.HAKU(資生堂)

資生堂HAKU口コミ

公式ページ▶▶▶資生堂HAKU
美白有効成分 m-トラネキサム酸、4MSK
シミへの働き メラニン生成抑制(ダブル美白)
トライアル あり/約2週間分(WEB限定・数量限定)
公式ページ 資生堂HAKU

HAKUはいわずと知れた資生堂を代表する美白ケア化粧品。

発売から10年以上リニューアルを繰り返しながら愛され続けるロングセラー商品です。

ちょうどHAKUが登場したばかりのころに1本使った記憶がありますが、その頃と比べて格段にパワーアップしてます!

それが、現在のHAKUのダブル美白

2つの有効成分はメラニン生成抑制という部分の働きでは同じですが、細かくカテゴライズすると、

  • トラネキサム酸・・・メラノサイトが元気にならないようにする
  • 4MSK・・・メラニンを作る工程を邪魔する

役割が分けられます。

これは、美白有効成分技術を多くもっている資生堂だからこそできた配合!

事実、資生堂は過去20年で化粧品メーカーの中では最も多く美白有効成分の医薬部外品認可を取得しています。今ではよく使われているアルブチンも資生堂が開発した成分です。

先日コスメコンシェルジュの美白セミナーで美白成分についてお勉強してきましたが、やっぱり美白成分の開発力の高さでは資生堂が断トツだな、と実感しました。

昔はなかったHAKUの2週間や1か月のトライアルも出てきて、以前より試しやすくなっていますよ。

資生堂hakuトライアル

こんな人におすすめ

  • まずは小さいサイズで肌との相性を確かめたい
  • 資生堂の最新美白技術の集大成を試してみたい

ランキングNo2.ホワイトショット(ポーラ)

ホワイトショット口コミ

公式ページ▶▶▶ポーラホワイトショット
美白有効成分 ルシノール
シミへの働き チロシナーゼ活性阻害
トライアル なし(期間限定でお得なセットが出る場合あり)
公式ページ ポーラホワイトショット

3か月腰を据えて使った結果、個人的に一番効果を感じたのがポーラのホワイトショットでした。

  • 美容液
  • スポット美容液
  • サプリ
  • シートマスク
  • ドリンク

と商品ラインナップがあり、気になるシミの種類に応じて普段のスキンケアに取り入れることができます。

私が使ったのは美容液とスポット美容液、サプリの3種類。特にサプリは気に入って1年近く飲み続けています。

美容液とクリーム、サプリには抗糖化成分であるYACエキスも配合されています!YACエキスはポーラのエイジングケアブランドB.Aにも配合されている成分なので、お得感があります♪

ポーラが開発したルシノールは特許成分のため、現在はポーラ製品にしか使われていません。

ポーラホワイトショット

こんな人におすすめ

  • スポットや全顔美容液などニーズに合わせて選びたい
  • 内側外側合わせてシミにアプローチしたい

ランキングNo4.HANAオーガニックホワイトケアシリーズ

hanaオーガニックホワイトケアセット

美白有効成分 ビタミンC誘導体
シミへの働き チロシナーゼ活性阻害、メラニン還元
トライアル あり/約7日分
公式ページ HANAオーガニック

実力派オーガニックコスメのHANAオーガニック

オーガニックは美白できない、効きにくいといった今までのイメージを覆すブランドです。

医薬部外品の美白成分としてはスポットクリームに、ビタミンC誘導体を配合。

また、和漢エキスのアーティチョークエキス(朝鮮アザミ)がホワイトジェリー(美容液)とスポットクリームに配合されています。

アーティチョークエキスエキスは医薬部外品ではないものの、アルブチンの約5倍ものメラニン抑制効果がある注目成分です。

HANAオーガニックは肌の微弱炎症に着目しています。微弱炎症が起こると、メラニンが活性化されてシミができやすくなってしまうんです。

美容液のホワイトジェリーには昔から火傷の薬として使われてきたキハダを始め、抗炎症作用のある和漢エキスを8種類ブレンドしてあります。

みずみずしいジェリー状で、べたつかずしっとりと肌を整えてくれます。

hanaオーガニックホワイトジェリー

化粧品はなるべくナチュラルなものを使いたい&美白ケアもしたいという方にはおすすめです。

こんな人におすすめ

  • 石油由来成分一切不使用!安心できる成分で美白ケアしたい
  • 包括的なケアでシミだけじゃなく肌力をアップさせたい

ランキングNo5.サエル(ディセンシア)

ディセンシアサエルトライアルセット

美白有効成分 アルブチン
シミへの働き チロシナーゼ活性阻害
トライアル あり/約10日分
公式ページ ディセンシアサエル

敏感な肌やゆらぎがちな肌でも美白ケアができるディセンシアのサエル

ディセンシアはポーラの社内ベンチャーとして誕生したブランドです。独自技術「ヴァイタサイクルヴェール」により、敏感肌でも使える低刺激なスキンケアが可能に。

通販限定でありながら、ポーラの高い技術力と確かな安全性もあり人気が高まっています。

美白有効成分のアルブチンと抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2K配合。これだけならどこにでもある美白化粧品ですが、それだけじゃないのがサエル。

ストレスによるシミに着目していて、独自の複合成分ストレスバリアコンプレックスを配合しています。

黄くすみや赤くすみなどにも対応し、透明感のあふれる肌に導いてくれます。

トライアルセットは合わなければ30日の返金保証付きで、化粧品が合いづらい人にも嬉しい!

ディセンシアサエルトライアルセット

こんな人におすすめ

  • 敏感肌向けの低刺激スキンケアで美白ケアもしたい
  • 化粧品が合いにくいので返金保証付きで試したい

番外編:ホワイトケアセット(ビーグレン)

ビーグレンホワイトケアトライアル

美白成分(認可外) ハイドロキノン
シミへの働き メラニン還元、チロシナーゼ活性阻害
トライアル あり/約10日分
公式ページ ビーグレン

最後に番外編として紹介したいのがビーグレンのホワイトケアセットです。

なぜ番外編なのかというと、美白成分として配合されている成分「ハイドロキノン」が現在のところ厚生労働省で美白有効成分として認められていないから。

このハイドロキノン、効果が高い分刺激も強い成分なのです。

とはいえ、ハイドロキノンは皮膚科でもシミ治療の際に処方されるほど効果の高い成分であることは事実です。美白の効果はビタミンCやプラセンタの10~100倍ともいわれています。

こちらのトライアル使ってから現品購入もしましたが、おそらく私はハイドロキノンが合わない体質…。目の下の薄い皮膚に塗るとカサカサしてしまいました。

攻めの美白ケアをしたい人にはおすすめしますが、ハイドロキノンの刺激が強い側面については理解しておくべき部分です。

ただ、ビーグレンの場合は使用している場合でも合わなければ365日返品保証付き!リスクなく試せるのが魅力です。

こんな人におすすめ

  • 刺激は強めだけど効果も高いハイドロキノンで攻めの美白ケアがしたい
  • 返金保証付きで安心して化粧品を試したい

美白化粧品とは?

美白化粧品とは

「美白化粧品」ということが出来るのは、医薬部外品と認められたものだけと法律で決まっています。

医薬部外品は厚生労働省で認可をうけるものですが、配合濃度による効果や安全性など審査が行われます。

審査やその準備には莫大な時間とお金がかかるため、医薬部外品の申請をできるのはある程度規模のある化粧品メーカーもしくは、原料メーカーに限られるという訳です。

世の中には医薬部外品ではないけれど、美白に効果のある成分ももちろんあります。

企業のコストの面で申請されていなかったり、ハイドロキノンのように安全性の面で認可されていなかったりします。

美白化粧品の主な有効成分一覧

では、どんな成分が美白の有効成分として認められているのでしょうか。

主な美白有効成分を一覧にしてみました。

  • トラネキサム酸
  • カモミラET
  • リン酸アスコルビルMg(ビタミンC誘導体)
  • アスコルビルグルコシド(ビタミンC誘導体)
  • アスコルビルエチル(ビタミンC誘導体)
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • アルブチン
  • ルシノール
  • 4MSK
  • プラセンタエキス

ビタミンCが美白に効果的というのは何となくイメージがある方が多いかもしれません。

ですが、ビタミンCそのままでは酸化しやすく、安定しにくいというデメリットがあります。

そこでビタミンC誘導体が開発されました。

ビタミンCとビタミンC誘導体の違い

ビタミンC誘導体はビタミンCを化粧品に配合しやすくするために構造を変化させた成分。リストに挙げた他にもたくさんのビタミンC誘導体があります。

先ほど説明したように、大手化粧品メーカーが認可を受けた美白成分は、特許の関係などで独占されているケースが多いです。

莫大な費用と時間がかかっているため、独自の成分として打ち出すことで、他社との差別化を図っているんですね。

ビタミンCやアルブチンは美白化粧品でよく見る成分ですが、使用権や特許の問題により、一般的なメーカーはそれらに頼らざるを得ない面もあるようです。

(つまり、よく見る成分が効果が高いという訳ではないということ)

美白の有効成分は多くの種類がありますが、それぞれ全く別の働き方をします。

シミが出来るメカニズム別美白有効成分

美白有効成分とひとくくりにいっても、成分によって働き方が異なります。

シミと言えばメラニン!というイメージが強いかもしれません。それは間違いではありませんが、シミが出来る仕組みは複雑で、様々な段階を経ています。

また、前提として覚えておいていただきたいのですが、メラニンを作るというのはヒトの生体防御反応。つまり、紫外線などの外部刺激から体を守るためなのです。

メラニンができること自体が悪ではなく、蓄積されたり排出されずに肌にとどまってしまうことが問題ということです。

段階ごとに説明すると、以下の様になります。

  1. メラノサイトに情報伝達物質が伝わる
  2. チロシナーゼの働きでメラニンが産生される
  3. メラニンが輸送される
  4. 色素沈着が起こる

シミができる段階別に効果的な美白有効成分をみていきましょう。

情報伝達物質の抑制

シミができる第一段階。

シミができる原因イメージ

紫外線やストレスなど外部からの刺激により、体内から複数のたんぱく質である情報伝達物質が産生されます。

情報伝達物質によりメラニンの工場であるメラノサイトが活性化してしまいます。

まずは、この第一段階、情報伝達物質を止めようというのが以下の成分です。

  • トラネキサム酸・・・情報伝達物質プラスミンのはたらきを阻害
  • カモミラET・・・情報伝達物質エンドセリンを抑制

情報伝達物質の抑制に有効な美白化粧品

この第一段階に働く成分が配合されている化粧品をピックアップしてみました。

  • HAKU(資生堂)
    資生堂HAKU
    有効成分:トラネキサム酸
    公式サイト
  • ロスミンリペアクリーム(ainz&tulpe)
    ロスミンリペアクリームホワイト
    有効成分:トラネキサム酸/アルブチン
    公式サイト
  • キュレル(花王)
    キュレル
    有効成分:カモミラET
    公式サイト

チロシナーゼの活性阻害とメラニン還元

シミができる第二段階です。

チロシナーゼの活性阻害イメージ

第一段階にて防げなかった情報伝達物質がメラノサイトにメラニンを作りなさいと指令をだします。

メラノサイトにあるチロシナーゼ(酵素)とチロシンがぶつかることにより、活性化され、チロシン→ドーパ→ドーパキノンと変換され、結果的にメラニンができます。

メラニンができる元であるチロシナーゼの働きを阻害しよう、というのが第二段階の有効成分たちです。

  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • アルブチン
  • ルシノール
  • 4MSK
  • ビタミンC誘導体

さらに、メラニンが出来てしまったあとも、メラニンを別のものに変化させる=還元する美白成分として、ビタミンC誘導体が有効です。

ちなみに、医薬部外品ではないですが、ハイドロキノンにはチロシナーゼの活性阻害とメラニン還元作用があります。

チロシナーゼの活性阻害とメラニン還元に有効な美白化粧品

  • ホワイトショット(ポーラ)
    ホワイトショット
    有効成分:ルシノール
    公式サイト
  • サエル(ディセンシア)
    ディセンシアサエル
    有効成分:アルブチン
    公式サイト
  • ホワイトセット(HANAオーガニック)
    hanaオーガニックホワイトケアセット
    有効成分:ビタミンC誘導体
    公式サイト

メラニンの輸送を防ぐ

第一段階でも第二段階でも防げなかったメラニンが黒い粒となり、ついに肌の表面に出てきてしまおうとしています。

メラニンの輸送を防ぐイメージ

メラニンはメラノサイトの突起部分から排出されます。その輸送を防ぐ医薬部外品成分にニコチン酸アミドがあります。

色素沈着を防ぐ

通常であれば、肌表面に出てきたメラニン色素はお肌の生まれ変わり(ターンオーバー)により、排出されていきます。

シミができるイメージ

ですが、ターンオーバーが乱れた肌ではそのままメラニンが沈着してしまうので、結果、シミになってしまうのです。

ここで沈着を防ぐ成分に

  • 4MSK
  • プラセンタ

などがあります。

色素沈着を防ぐ美白化粧品

  • HAKU(資生堂)
    資生堂HAKU
    有効成分:トラネキサム酸・4MSK
    公式サイト
  • エリクシールホワイト(資生堂)
    エリクシールホワイト
    有効成分:4MSK
    公式サイト
  • ホワイトルーセント(資生堂)
    ホワイトルーセント
    有効成分:4MSK
    公式サイト

自分にぴったりの美白化粧品の選び方

シミケアひとつとっても、今はかなり技術や成分が進歩しています。シミの原因も細分化されて、それに応じた成分が開発されています。

この化粧品技術の進歩に乗らない手はありませんよね!(笑)これからもどんどん新しい技術や成分が出てくると思うとワクワクしてしまいます。

とはいえ、色んな成分があるからこそ、人によって合う合わないがでてきます。

自分にぴったりの美白化粧品を選ぶには、まずは1か月試してみることが大切です!

美白ケアでどの部分を強化したいのか?成分や使用感など、総合的にみて、自分にとってベストな美白スキンケアをみつけてくださいね♪

管理人おすすめの美白スキンケア化粧品をもういちど見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
bihada

miyu

コスメコンシェルジュ・スキンケアアドバイザー・薬事法管理者。メイクも大好きで某メイクスクールのディプロマ保有。 トラブルをカバーするのではなく、肌本来が美しくなれるようにアンチエイジングスキンケアを日々研究する30代。モットーは「去年よりもキレイな自分になる」

-スペシャルケア
-,

Copyright© 美肌スキンケアラボ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.