美肌スキンケアラボ

美肌になるためのスキンケア情報ブログ コスメコンシェルジュでスキンケアアドバイザーの管理人がが30代40代女性に向けて正しい美肌スキンケア情報を発信しています。

ベーシックスキンケア(基礎化粧品)

HANAオーガニックは信頼できるブランド?福岡本社でお話を聞いてきました

更新日:

HANAオーガニック取材

お肌の美しさに年齢は関係ない。そう思わせてくれる10歳年上のお友達がいます。

奇跡のアラフォーと勝手にお呼びしているのですが、本当に肌のキメが細かくてキレイ!

もともとアトピー肌だったなんて信じられない程・・・毛穴が見当たりません(羨)

そんな彼女にどんな化粧品を使っているのか聞いたところ、教えてくれたのが「HANAオーガニック」でした。

正直、オーガニックに全く興味がなかった私でしたが・・・

奇跡のアラフォーに「肌がどんどんよくなる!」と言わしめるHANAオーガニックってどんなブランドなの!?どんな人が作っているのか知りたい!!

そんな希望が叶い、この度HANAオーガニックの福岡本社にお邪魔してきました♪

どんどん肌がよくなる秘密は一体!?HANAオーガニックの商品開発について代表の林田さんにたっぷり伺ってきました。

▼HANAオーガニックを試すなら
hanaオーガニックトライアル

おすすめ1週間トライアルの詳細はこちら

HANAオーガニックの福岡本社にお邪魔しました

HANAオーガニックを運営するえそらフォレスト株式会社の副社長であり、HANAオーガニックの代表である林田さん。

hanaオーガニック林田さん

ホリスティック美容家としても活躍され、日本ホリスティックビューティー協会九州支部の代表でもあります。

22の時に当時の会社の先輩たちと起業。無添加化粧品の企画・開発で、なんと100億円規模のブランドに成長させました。

そして、2010年にえそらフォレスト株式会社を設立。HANAオーガニックが誕生しました。

福岡の本社は緑あふれるステキなオフィス。本日はよろしくお願いします!

「肌って何なんだろう?」から始まるHANAオーガニックの商品開発

hanaオーガニックインタビュー

化粧品が開発される理由や思いはメーカーによってさまざまです。

シミやシワを何とかしたいというお悩みベースであったり、「この素晴らしい成分を入れたい!」という成分ベースであったり。

HANAオーガニックの商品開発は何が発端となっているのでしょうか。

林田さん
実はお悩みでも成分でもどちらでもないんです。

HANAオーガニックの商品開発は肌って何なんだろうから始まっています。

肌って何なんだろうですか!
管理人
林田さん
これはホリスティック美容の観点なんですけどね。

ホリスティック美容の観点にたどり着いたのは色んな研究者に出会ってからなんです

一般的な化粧品業界の考え方は「新しい悩みを作れ」「その悩みを改善する成分を作れ」というもの。

消費者の新しい悩みや新しいカテゴリーを作る。そのニーズに応える成分を作れば売れるというのが化粧品業界のセオリーです。

林田さん
でもこれってマーケティング上の問題なんですよね。

前職でたくさんの研究者の方に出会いましたが、どういう理由でシミができるのか?シワができるのはどういうプロセスなのか?を知りたいという方が多かったんです。

肌ってまだまだ未解明な部分も多いんです。

そんなお客様の悩みの根底を探したいというのが研究者の本音だったんですよね。

前職のネットワークを生かし、HANAオーガニックの化粧品は様々な研究者や原料メーカーと一緒に開発を行っています。

例えば、国内有数の原料メーカー岐阜の一丸ファルコス

一丸ファルコス工場

▲一丸ファルコスの工場



地方自治体と一緒に保湿成分のプロテオグリカンを開発するなど、原料の開発はもちろん基礎研究の部分にも力を入れている会社です。

普通の通販化粧品会社だと、ひとつの研究所、ひとつの工場と取引をするのが一般的です。

HANAオーガニックの場合、たくさんの研究者の頭脳が集まっている!つまり、それだけ多くの技術や知見を活用できるということです。

それって大手にも負けない強みですよね。

林田さん
前職は100億円規模のブランドでしたので、たくさんの研究者の方と出会うことが出来ました。

そういう方々と出会えたバックボーンは確かに強みかもしれませんね。

だけど、HANAオーガニックをスタートした時は全くゼロからのスタートだったのに、協力してもらえるように厚かましくお願いしただけなんですけどね(笑)

今回は一銭もないんだけどよろしくお願いしますと(笑)

HANAオーガニックの根本である「肌って何なんだろう?」について、どういう商品開発をされているのか、さらに詳しくお話を聞いてみました。

肌理論に基づいた「肌が美しくなるために必要なこと」

自律神経や女性ホルモンを整えるローズの役割

林田さん
結局は、お肌の真皮と表皮が元気であれば肌はキレイになるはずと考えたんですね。

それには毛細血管がカギを握っているのではというのが始まりです。

お肌は表皮層と真皮層の2層からなっています。

肌断面図

そして、その下の皮下脂肪の部分に通っているのが毛細血管。

細胞を元気にするための栄養を運んだり、老廃物を排出させるためには血流の流れが欠かせません。

hanaオーガニックインタビュー

林田さん:「毛細血管の血流が悪くなるのは交感神経が優位になってしまうから。

では、副交感神経を優位にするためには?と調べたらお花や植物の根っこの部分が素晴らしいと分かって。」

「そして、結局、伝承的にも素晴らしいものがローズだったんです」

HANAオーガニックの代名詞ともいえるダマスクローズです。

通常の3~4倍の精油成分が含まれるというブルガリア産の最高峰ローズウォーター。

HANAオーガニックではほとんどのアイテムにダマスクローズのローズウォーターが配合されています。

今年のローズウォーターと去年のローズウォーター、そしておととしのローズウォーターと嗅ぎ比べさせてもらいました!

hanaオーガニックローズウォーター

不思議なことに同じローズのはずなのに、香りに少し違いがあるんです。

ある年はジュースのようなフレッシュで美味しそうな香りだけど、また別の年は濃厚で華やかな香りだったり、それぞれ個性があります。

時期や気候によって香りが変わるのは、天然のローズを使っているからこそ。

特にミストタイプの化粧水フローラルドロップは、水を1滴も使わずに、バラの花びら3,000枚分のローズウォーターが贅沢に使われています。

シュッとひと吹きするだけでフワッとローズの香りが広がって・・・

バラの花びらを敷き詰めたバスタブにゆったり浸かっているかのような贅沢な気分に♡

合成されたローズの香りではないので、とっても自然で優しくて・・・でもすごく華やか!うっとりしちゃいます。

▼ローズウォーターの香りをたっぷり体験できる
hanaオーガニックトライアル

HANAオーガニックの1週間トライアル詳細をみる

肌の微弱炎症を防ぐ伝承由来成分

林田さん
毛細血管が元気になったのに、真皮と表皮に違いが起こるのはなぜかと考えたら原因は微弱炎症だったんです。

炎症ってどういう状態か分かりますか?

赤くなってヒリヒリしている状態ですよね・・・?
管理人
林田さん
体は、炎症が起こっている部分を治そうと血管から白血球を送り込むんですね。

炎症は、本来体を守ろうとして起こっていることなんだけど、美容の観点からするとあまりよくないことなんです。

どういうことが良くないんでしょうか?
管理人
林田さん
血管は白血球を送り込むために血流が増えて太くなります。

太くなった血管は真皮部分の大事なコラーゲンネットをブチブチ切断してしまうんです!

えーー!!それは困る!
管理人
林田さん
さらに、血管から出てきた白血球が角質層に膿の様に溜まってしまうんです。

そして、体の防衛反応が働いてメラニン色素がたくさん作られてシミに繋がったり、肌の潤いに大切なセラミドを作るという通常の肌の機能を止めてしまったりするんです。

・・・・( ꒪⌓꒪)!!
管理人
林田さん
例えば、ビキニラインはカサカサして黒ずんで硬くなっていますよね。

これは慢性的な炎症を起こしている状態なんです。

微弱炎症についてはまだまだ未解明な部分も多いですが、今分かっているだけでもこんなにたくさんの原因があります。

hanaオーガニックインタビュー

▲大気汚染やUV、ブルーライト様々なことが微弱炎症の原因に



林田さん
まだほかにも色んなメカニズムがあると思われます。

科学的アプローチでは追い付いていない部分がたくさんあるので、HANAオーガニックでは抗炎症の部分に関しては伝承成分である漢方を選択しています。

hanaオーガニックインタビュー

HANAオーガニックのアイテムの中で最も抗炎症に特化しているのが「ホワイトジェリー」です。

hanaオーガニックホワイトジェリー

林田さん
ホワイトジェリーに付いている色はキハダの黄色なんです。

キハダは昔から火傷の治療薬としても使われていた漢方なんですよ。

瑞々しいジェリーなのですが、とろみがあって、少し粘り気もあって。

hanaオーガニックホワイトジェリー

でも、肌に乗せるとすっと馴染む不思議なテクスチャーです。

林田さん
慢性炎症の最上流にある細胞のスイッチNF-Kb(エヌエフカッパービー)を正常に戻すために、アーティチョークエキス(朝鮮アザミ)を。

大気汚染などの外部ストレスから守るためにオウゴンなど8種類の植物をブレンドして配合しています。

最近、微弱炎症にアプローチする化粧品がとても増えてきているのは、それだけ肌に悪いということが明らかになってきているからだと思います。

シミやシワにも大いに繋がり得る微弱炎症を食い止める手助けをしてくれるのが、ホワイトジェリーなのです。

▼ホワイトジェリーもたっぷり1週間分♪
hanaオーガニックトライアル

HANAオーガニックの1週間トライアル詳細をみる

女性の顔の常在菌が減っている!?常在菌バランスを整えるバイオエコリア

林田さん
そもそも肌の上の皮脂膜ってどうやってできているか知っていますか?
水分と油分が混ざって天然のクリームが作られてるんですよね。それがどうやってできているか・・・?
管理人
林田さん
皮脂膜は常在菌食べた分泌物によってできているんです。

善玉菌が食べればいいクリームになり、悪玉菌が食べるとピリピリ刺激になるクリームになっちゃうんですけどね。

常在菌にそんな働きがあったんですね!
管理人
林田さん
そうなんです。

年齢とともに皮脂も常在菌も減ってしまうとは言われているけれど、ひとつは防腐剤が原因ともいわれています。

女性は10代の頃から防腐剤入りの化粧品を使い続けているため、男性と比べると圧倒的に数が少ないんです。

常在菌バランスの崩れも微弱炎症が起こる原因につながります。

常在菌バランスを整えるために配合されているのがバイオエコリアです。

バイオエコリアはフランスのソラビア社で7年間かけて開発されたオリゴ糖の一種です。

具体的にはどんな成分なんでしょうか?

林田さん
ヨーグルトにオリゴ糖入れますよね?

オリゴ糖は菌たちの大好物なので、オリゴ糖をエサに菌が増えるんです。

でも普通のオリゴ糖の場合、善玉菌も悪玉菌も両方好きなので、どちらも増えてしまう。

それを、善玉菌だけが食べて増えるように開発されたのがバイオエコリアです。

結果的に善玉菌が増える、選択的に善玉菌を活性化させています。

バイオエコリア

バイオエコリアは外科の先生のハンドクリームとしても使われている成分。

手術の度に消毒剤で手を洗う外科の先生の手にはほとんど常在菌がいないそうで、ちょっと菌がついただけで肌が壊死してしまうほどの状態になってしまうのだとか。

それがバイオエコリア入りのハンドクリームを使うにようになって手荒れが改善したという話もあるそうです。

バイオエコリアとはどのように出会ったのでしょうか?

林田さん
バイオエコリアと出会ったのはメーカーの展示会でした。

常在菌バランスを整える成分なんてなかったので、これだ!と思って。

ところが、日本のメーカーはフランスのソラビア社の代理店というだけで、成分についてよく知らなかったんですよ(笑)

とりあえずパリに行くから会わせてくれ!と頼んで。英語もフランス語も分からないまま、話せる人をSNSで見つけて飛び込んで行きました(笑)

す、すごい!
管理人
林田さん
どんなに健康な肌の人でも微弱炎症は起きていますし、防腐剤の影響で現代人は菌が減りやすいんです。

最低限使ってほしいのはローションとミルクですね。

バイオエコリアはオイルなど形状的に入れられないもの以外、全アイテムに配合されています。

▼バイオエコリアの効果を試せる1週間
hanaオーガニックトライアル

HANAオーガニックの1週間トライアル詳細をみる

化粧品を使う量がどんどん減る!?

HANAオーガニックでは使い続けるうちに化粧品を使う量が減る人が続出するのだとか。

社員の皆さんもお客さんでも、最終的に使うのがミルク1本になるそうで、そういう方を「卒業」と呼んでいるそうです。

特に印象深かったエピソードなどありますか?

林田さん
福岡の女性でお会いした時48歳の方がいらしたんですけどね。

当時6品くらいスキンケアアイテムを使ってらして、ローションとミルクだけのスキンケアにどうしても抵抗があるという方がいらっしゃいました。

それでも試してみるわとおっしゃって。

林田さん
しばらくしたら電話が掛かってきて「口の周りガビガビなんだけど!」なんてクレームが頻繁にきていまいした(笑)

でも使い続けてくださって、その後1年後くらいにお会いした時には「今ミルク1本よ」と。

「私の肌でも蘇るのね」なんて喜んでくださいました。

結局、炎症が収まればセラミド産生が正常に戻るので、塗らなくても自分の力で潤う様になる訳です。


リニューアルでほぼ全てのアイテムにバイオエコリアが配合されてから、特に実感値が上がったという方が増えたそうです。

私の友達(奇跡の40代)も「前もよかったけどリニューアル後の方が荒れにくくなった!」といっていました。

HANAオーガニックは生活協同組合の代表みたいな感じです(笑)

ダマスクローズの畑を見にブルガリアに飛んだり、バイオエコリアについて知るためにパリへ飛んだり・・・

原料となるものがどこから来たのか自分の目で見て確かめている林田さん。

トレーサビリティ(生産流通過程における追跡可能性)がしっかりしているというのもHANAオーガニックの魅力です。

hanaオーガニック林田さん

林田さん:「私たちは何かの専門職ではないし、技術を研究している訳でもないですから。

結局消費者の方と同じなんですよね。

調べることが私たちの価値だと思っていて、お客様が知りたいと思うことまで調べるのが私たちの役目だと思っています。

言ってみれば生活協同組合の代表みたいな感じです(笑)」

HANAオーガニックのインタビューを終えて

オーガニックって何か肌に良さそう。だけど何がいいのかはよく分からない。

そう考えている人は少なくないと思います。

私もお話を聞きに行くまでは、そんなふわっとしたイメージでしかありませんでした。

よさそうとは思うけど、健康に対するストイックさを求められる気がして、むしろオーガニックに対する苦手意識すらありました。

ですが、「肌って何なんだろう?」から始まっているHANAオーガニックには、変なストイックさがないんです。

ここまで最新肌理論に基づいたオーガニックコスメが今まであったでしょうか?

最新の肌理論や知見×伝承されてきたもの

科学的に説明がつく部分と、説明はつかないけれど昔からいいと言われ続けられてきた部分。

これら両方のいいとこ取りがHANAオーガニックであり、オーガニック初心者にも受け入れやすい理由ではないでしょうか。

たくさんのこだわり成分が詰まったコスメなので、通常の化粧品より少し原価はお高めだそうですが、店舗を持たない通販コスメだからこそ何とかやっていますとのこと。

1週間分のトライアルセットは、洗顔からUVまでラインで使えてとってもお得なので是非試してみていただきたいです。

https://www.hana-organic.jp/

HANAオーガニックの1週間トライアル詳細をみる

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
bihada

miyu

コスメコンシェルジュ・スキンケアアドバイザー・薬事法管理者。メイクも大好きで某メイクスクールのディプロマ保有。 トラブルをカバーするのではなく、肌本来が美しくなれるようにアンチエイジングスキンケアを日々研究する30代。モットーは「去年よりもキレイな自分になる」

-ベーシックスキンケア(基礎化粧品)
-,

Copyright© 美肌スキンケアラボ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.